若さと髪の毛。日本で育毛に励むこと。

海外でも日本のように育毛がさかんだったりするんでしょうかね。アジア系の方が、若さを重んじるために、薄毛になることを嫌う傾向があるような気がします。
なんせ欧米系の俳優が薄毛だったとしても、セクシーで素敵という評価になるわけですから、日本の俳優に対する評価としては考えられないことかもしれません。

これも欧米の社会が、成熟を重んじる社会だからなのでしょう。
しかし、我々はアジアの日本に暮らしています。つまり、若いことがよい。髪の毛ふさふさがよい。の世界にいきています。
なので、育毛に励むわけなのです。
では、なぜ薄毛が起こるかというと、それは男性ホルモンのナセル技のようです。なので、欧米では薄毛がセクシーとされるのでしょうね。男らしいということになりますから。
そして、男性ホルモンが薄毛に悪さをするのは、湧き出してくる豊富なアブラともいえます。
なので、育毛対策のひとつとしては、アブラのコントロールが必要になってくるのですよね。
毎日、入浴をシャワーでささっと済ませてしまわないで、じっくり湯船につかり、頭皮の毛穴を十分開かせてから、アブラを取り去るような洗髪をしたいところです。
できれば、洗髪の前にオイルなどで、頭皮をマッサージしてアブラを浮かせておいて、シャンプーに取り掛かって、アブラを除去すると効果的かと思います。
マッサージ自体は気持いいと思うので、習慣になったらしめたものですよね。
毎日続けることが効果的だと思いますので。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ