築50年の家を大リフォームしました

築50年以上になる我が家を、大々的にリフォームしました。

お風呂場やトイレは何度かリフォームをしていましたが、全体に手を加えるのはこれが初めてでした。
きっかけは、両親は高齢の域に足を片方踏み入れた年齢になったことと、床の軋みが気になるようになったからです。

50年も同じ家に住んでいると、家の中の荷物だけでもかなりの量になります。
リフォームをするならそれを全て片付けなければならないので、両親が元気なうちにと思いリフォームに踏み切ったのです。

しかし、いざ手を加えるとなると生まれ育った家が無くなるようで寂しいものです。
そこで、大工さんにお願いをして家の中で一番の顔になっていた和室は、以前の形を出来るだけ残す形でのリフォームをお願いしました。
幸い柱や壁はしっかりした造りになっていたので、本当に床板の張替えだけで済んで嬉しかったです。
そして、大工さんから昔のちゃんとした大工が作った家だからまだまだ土台も元気だと褒められたのも、家主として喜ばしいことでした。

家の中は和室以外すっかり様変わりしましたが、今度はこの新しくなった家を大切に生活したいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ